ステロイド性糖尿との付き合い方


以前にも書きましたが、ステロイドパルスを受けた後、毎日服用するステロイドが30mgだった頃に、ステロイド性糖尿になりました。
一番酷かった時はヘモグロビンa1cが9.6とかになってて、食事療法だけではムリと判断され、インシュリン注射とかもしてました。

現在は、服用するステロイドが4mgになっていることや、少しだけ気を付けたりしてることで、ヘモグロビンa1cも7.2に。

これも一時は6.1とかになってたんですケド、現在は暴飲暴食な日々が多くて今朝の採血では7.2になってました(苦笑)
前回(2ヶ月前)の結果は6.9だったのに…

といっても、前回も「これだけ暴飲暴食でも下がるのか…」って思うほど食べてたので、今回上がったのも「そりゃそーだよねーーー」ってなもんで…
良いお薬を処方してもらってるんだけど、精神的な逃げなのか、食べる事に逃げてしまう。

栄養的なことや、タイミングとか、食べない方が本当に色々とメリットがあるって頭ではわかってるんだけれど、それが実行出来ない自分が情けなくて、今日は診察の時泣いてしまった…
糖尿の先生も、栄養指導の先生も、すごくすごーーーく優しいから、焦らずに長い目で少しずつで良いから、心がけて行動していこうって言ってくれる。

まだこれからでも大丈夫って少し安心できて、完璧じゃなくても少しだけでもやっていこうって思えます。
がんばろう。

2ヶ月後、まだ今年の間に次の診察があるから、その時には明るい報告ができるように。

カテゴリー: 未分類コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL: http://suteroido.com/%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%ad%e3%82%a4%e3%83%89%e6%80%a7%e7%b3%96%e5%b0%bf%e3%81%a8%e3%81%ae%e4%bb%98%e3%81%8d%e5%90%88%e3%81%84%e6%96%b9.html/trackback