ステロイド 副作用 うつ


ステロイドの副作用の一つに「うつ」があります。
私も例に漏れず「うつ」を発症。
誰にも会いたくない、何もしたくない、なぜ生まれてきたんだろう・・・
なぜ生きているんだろう・・・いっそ。。。
という事ばかり考えるようになりましたが、「うつ」状態に陥ってない時に
「これではいけない・・・」と思い、思い切って主治医に相談したところ
心療内科を紹介されました。

しかし、私の場合、筋弛緩剤系のお薬が使えなかった為
結果、成分の弱いお薬の種類がどんどん増えることに・・・
1日中眠たいだけで、症状がまったく改善されず・・・
本当は診察時に、行動療法的な事を期待していたのですが
そこのクリニックではそんな事もしてもらえなかったので
最終的には通わなくなり、強制離脱してしまいました(^_^;)
(抗ウツ剤の強制離脱は危ないので、絶対にやめましょうネ!)

私を助けてくれたのは、当時親身になって色々と話を聞いてくれた
皮膚科の主治医。
ステロイドの副作用にはにきびもあり、そのせいで皮膚科にも通ってました。
その主治医がとても親身になって、話を聞いてくれたことと
ネット上でのお付き合いでした。
本当はお出かけして、色んな人と会って話をするというのがよかったのかもしれないけれど、抵抗力を下げていることや、暑い時期はクーラーの効いた場所であまり動かないようにという指令が下っていたので、おうちの中で色んな人と交流できた事が私を助けてくれたと思っています。
また誰にも会いたくないという(直接会わなくても交流できる)環境も、ネットの中だと整っていた。
私にとっては、その環境がお薬になったということですネ。

お薬でウツを発症するということが理解されないことも多々あり
辛い思いをすることもあったけれど、わかってくれる人はわかってくれた。

お薬だけに頼りたくないという方は、試してみてもいいと思います。

カテゴリー: ステロイド 副作用 うつコメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL: http://suteroido.com/%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%ad%e3%82%a4%e3%83%89-%e5%89%af%e4%bd%9c%e7%94%a8-%e3%81%86%e3%81%a4.html/trackback